2010年09月28日

人はこんなときに怒る

自分でも薄々感じていて、でも認めたくはなくて考えないようにしていること。

そんなことをズバリ指摘されると怒ってしまう。


まぁ、しょうがないやね。

人間だもの。



↓クリックしてもらえたら喜びます↓
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村ランキング


悠心堂ホームページ
悠心堂 携帯サイト
院長ツイッター
院長 自叙伝
■ 奈良市西登美ヶ丘1-17-2
■ TEL0120-958-166



posted by 悠心堂@吉祥寺 at 17:01| Comment(5) | TrackBack(0) | 人間だもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

人間の唯一の真理

人間の唯一の真理なんて大層なタイトルですが、唯一の真理と呼べるようなもの。

それは、人間はいつか必ず死ぬ、ということでしょうか。


でも、重い病気をお持ちの人は違いますが、普通に健康な人は明日死ぬかもしれない、と思い悩むことなどそうないのではないでしょうか。


ちょいと考えてみたんですが、これはやはり世の中が安定しているからなんじゃないかと。

経験から、ここ数年の状況が明日に急に変わる可能性の方が低い。

だから今日と同じような日が明日もやってくるだろう、と思える。

戦争中ならそうはいかないと思いますから。



そう考えると、幸せなことだなぁ、と思うわけです。



↓クリックしてもらえたら喜びます↓
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村ランキング


悠心堂ホームページ
悠心堂 携帯サイト
院長ツイッター
院長 自叙伝
■ 奈良市西登美ヶ丘1-17-2
■ TEL0120-958-166



posted by 悠心堂@吉祥寺 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間だもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

怒って? or 褒めて? 育てる

あるお稽古事の先生にお話しを伺いました。

最近の子は怒られ慣れてないので、怒ると怯えてしまうんだそうです。



子供を育てるのに。

あるいは、その人の育てられ方によって、思考、ひいては人生まで変わる。


あれこれしたらダメだ、というネガティブな言葉で育てられるか?

こうするのは偉いねぇ、というポジティブな言葉で育てられるか?


要は、怒って育てるのか、褒めて育てるのか?という違いですかね。



いまの世の中の風潮では、圧倒的に後者が支持されているように感じます。

褒めて個性を伸ばしてオンリーワンな人間に・・・。



いま、新入社員の教育が大変らしいですね。

教育係の上司が、新入社員を褒めてなだめすかして、何とか使えるように育てていく。

学生〜新人教育。

受け手の場合は、褒められて伸びていけばいいですよね。



しかしどうでしょうね。

対お客さん。 対取引先。

怒られますよ?

褒めて伸ばそうなんて、そんな考えヒトカケラも持ってませんよ?


その時になって怒られ慣れてなかったら・・・、

取り返しがつかないんじゃないでしょうかね?



冒頭の先生が仰ってました。


やる気を引き出すには褒めないといけない。

しかし、悪いところを正そうとするときには怒らなければいけない。

褒めることも、怒ることも、どちらも必要だ。




その通りだと思いました。



↓クリックしてもらえたら喜びます↓
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村ランキング


悠心堂ホームページ
悠心堂 携帯サイト
yasutoINADAをフォローしましょう
院長 自叙伝
■ 奈良市西登美ヶ丘1-17-2
■ TEL0120-958-166




posted by 悠心堂@吉祥寺 at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間だもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。